topimage

2014-02

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブラジル北上、パーマカルチャーセンターIPECへの旅。 - 2014.02.27 Thu

自然農法コーヒー農園のファゼンダを後にし、
約950km北上いよいよゴイアス州はピレノポリスにあるパーマカルチャーセンターEcocentro IPECへ。

1998年、今から16年前、
幼いひとり娘のいるブラジル人とオーストラリア人の夫婦によってIPECは始まった。

木々が伐採され牧草地として使用されていたsitioに、
パーマカルチャーの学校を創ろうという志を持って移住してきた家族。

16年経った今、丸裸だった土地は緑に溢れHPに1998年の写真と6年後2004年の写真があるので是非参照)
そこには猿や、アルマジロや、ハリネズミ、大きなトカゲなどの動物や様々な鳥、無数の虫、多くの自然が戻ってきてる。
その中にパーマカルチャーによって設計された美しい建物の数々。

IPEC内には移住当時に元からあった家も大切に残されている、
最初はこの家しかなかったんだ。

通称Casa do mae=母なる家。
P7098931.jpg

この家の前に立った時思わず鳥肌が立った。
たった3人の家族の想いがたくさんの人を巻き込みこんな空間を作っていったんだ。
すごいよ。

私たちも3人家族、
何か大きなことをやるつもりはないけれど、
なるべく自然に寄り添って生きていく暮らしを目指すと言うのは初めての経験で、
ある意味では挑戦な人生だ。

初めの一歩を踏み出して、
小さくてもいい、丁寧に一歩ずつ歩みを続けて行けばこんなことができるんだよ、
そんなことを語りかけられたようだった。


"Bio Vivência"から始まり約3カ月滞在することになった私たちの家、
通称sitio。
P7088895.jpg

1階にキッチンと小さなダイニング(写真のモザイクテーブルのところ)とシャワー室、
4段ほど小さな階段を上がって小さな居間を挟んで個室が1部屋ずつ、
2階に長テーブルのある見晴らしのいいベランダがあって、
3階にはまた小さな居間を挟んで2段ベットが2つずつのドミトリーのような空間が。

私たち家族は個室に、
3階のドミトリーには5人の若者たち、
8人の共同生活。

後にIPECを去り次のWWOOF先に滞在した最初の夜、
「家に帰ろう、sitioに帰ろう、ママ靴取ってきて~!」
とUiが泣きじゃくり、
私たちも一緒に泣いた。
それくらい私たちには自分の家のように大切な場所になったのです。

ではでは、IPECの滞在時に時間を戻して少しず綴ります。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

屋久島ぐらし。~mamae terra 家族4人持続可能な巣作りの記録~

2012年2月から3年のブラジルオーガニック家族旅&エコビレッジ生活を終え帰国。 新メンバーSoraを迎え家族4人屋久島ぐらしをスタートしました!

プロフィール

Onuki Family

Author:Onuki Family
日系ブラジル人の夫、娘2人と私。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

屋久島ぐらし。 (3)
家族のこと (5)
畑のこと (3)
マタニティライフ (8)
出産 (6)
子どもとの日々 (17)
お出かけ (4)
つれづれ (13)
未分類 (9)
ブラジル食 (15)
ブラジル旅 (45)
ブラジルライフ (18)
日系のこと。 (2)
ブラジル移住計画 (10)
ブラジル子育て (9)
葉山ライフ (14)

検索フォーム

RSSリンクの表示

お気に入りブログ

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。