topimage

2017-05

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日々、なにを見、なにを聞き、なにに触れるか。 - 2014.03.28 Fri

先日日本人の友人に日本の小説を借りた。
ある青年が全国の亡くなった人々を悼む(いたむ)旅をするというのが話の核になっている。

久しぶりの新しい日本語の本、嬉々として読み始めたのだけれど、
本の内容から事故、自殺、殺人、暴力団、売春などのキーワードがちりばめられ、
すっかり気分が落ち込んでしまった。
途中で胸苦しくなって止めようかと思ったのだけれど、
せっかくの日本語の本なんだからという変な欲(?)で上下巻一気に読み、
いろんな事が頭を駆け巡ってその夜は寝つきが悪く変な夢も見て困ってしまった。
自分の胸になにか黒々としたものが残った感じ。

人が普段どんなものを見、どんなことを聞き、どんなことに触れるか、
というのはつくづく大切なことだと思い出された。

自殺のニュースが流れるとその時期一気に自殺者が増えるという、
殺人報道が流れるとそれに似たような事件が起きるという。

ブラジルのTVでは24時間凶悪犯罪のニュースが垂れ流され、
人々は日々おびえて暮らしている。

ブラジルに来た当初は、
物珍しさと、語学の勉強も兼ねて、
と娘が寝た後のドラマの時間をそれなりに楽しんでいたのだけれど、
始終言い争いや強盗のシーンが出てくるので気が滅入ってやめた。

旅では食のこと、教育のこと、土、地球のこと、愛のこと、
それらに真摯に向き合う人々と出会い語り合う、
そこに浸っていると地球は良い方向に変わっていっているんだ、
私たちは未来に良いものを残せるんだって希望と愛にいつも溢れていられる。
自然に読む本も見る映画もそういものを選んでいく。

アマゾンに住むインディオには、
いじめも、鬱も、自殺も、殺人もないという。

私たちの周りには心に闇を落とすような、
とんでもない想像を掻き立てるような、
そういうもので溢れすぎてしまっているんだ。

だからこそ、
自分自身でちゃんと選んで、
特に人生の土台作りをする子供には、
彼、彼女らが日々なにを見、なにを聞き、なにに触れるかということに、
ことさら注意をしなくちゃいけないと思う。

シュタイナー教育では17歳まではTVも映画も全く見せない方がよいと聞いた。
今の時代それは難しいので、
Uiと通っている今の園では少なくとも7歳までは見せないでと勧めている。
シュタイナーのコミュニティであるここのデメトリアでは、
TVの無い家庭の方が多い、
だから特に園児の中で誰がTVを見ているか、見ていないかというのが、
聞かなくてもその子たちの動きでハッキリと分かるそう。

7歳までは夢の中で。
シンプルで、アナログで、自然なものにたくさん触れさせること、
そしてそれは今の私たち大人にとっても大切なことだよね。

日々、何を見、何を聞き、何に触れるか。
それこそが私たちの大切な人生をつくっていくんだ。
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://hayamabrazil.blog.fc2.com/tb.php/163-4ad793df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

シュタイナー保育園の内装。 «  | BLOG TOP |  » パパはバイオダイナミック農法研修。

屋久島ぐらし。~mamae terra 家族4人持続可能な巣作りの記録~

2012年2月から3年のブラジルオーガニック家族旅&エコビレッジ生活を終え帰国。 新メンバーSoraを迎え家族4人屋久島ぐらしをスタートしました!

プロフィール

Onuki Family

Author:Onuki Family
日系ブラジル人の夫、娘2人と私。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

屋久島ぐらし。 (3)
家族のこと (5)
畑のこと (3)
マタニティライフ (8)
出産 (6)
子どもとの日々 (17)
お出かけ (4)
つれづれ (13)
未分類 (9)
ブラジル食 (15)
ブラジル旅 (45)
ブラジルライフ (18)
日系のこと。 (2)
ブラジル移住計画 (10)
ブラジル子育て (9)
葉山ライフ (14)

検索フォーム

RSSリンクの表示

お気に入りブログ

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。