topimage

2017-09

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シュタイナー教育の手仕事を通して。 - 2014.03.28 Fri

シュタイナー教育では手仕事をとても重要視しているよう。

特に現代はテレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットなど、
とにかく子どもは機械に囲まれ過ぎている。

手仕事には始まり、経過、終わりというプロセスを見せるということ、
指を動かすという身体的なこと、
また集中力を高めたり、心のケアをする心理的なこと、
といくつかの大切な要素が詰まってる。

ここでは6歳になると机に座って覚える勉強に備えて、
集中力と落ち着きを覚えるためなどに細かい手仕事を始める。
_3270787.jpg

その他にも楽器を演奏したり、
にじみ絵を書いたり、
指先を使うことを年齢によって始めていく。
_3270806.jpg

お兄さんやお姉さんが毛糸編みの手仕事の時間、
Uiや小さな年齢の子供たちはおやつのパン作り、
これも立派な手仕事。
_3270801.jpg

ここで行われることは、
手仕事も、アートも、遊びも、おやつも、歌も、ダンスも、
全てひとつひとつに体づくり、心づくりに意味がある。

例えば絵を書く時間も、
アートのための時間というよりもっとスピリチュアルな部分にうったえる、
心づくり、心のケアの要素が高いと教わった。

私も滞在中は手仕事を与えられてそれをしながら園の様子を感じていたのだけれど、
自分にとってもこの手仕事というのが心のケアになっているのを感じた。

手を使うということ、
最近はじめて見たお裁縫も、
家で日課になっているパン作りも、
手を使う方が集中力が高まり、そして時間がゆったりと流れる気がする、
以前ホームベーカリーでピピっと機械で作っていた時の方がなぜか時間の流れがせわしなかった。

全ての機械技術を否定するわけではないけれど、
もっと日々の生活の中での手仕事を見直していきたいなと思う今日この頃。

でも大切なのはそれをがんばる、のではなく、
それが心地よく楽しい、嬉しい、
ということ。
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://hayamabrazil.blog.fc2.com/tb.php/165-b12b17dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

IPECにて。 «  | BLOG TOP |  » シュタイナー保育園の内装。

屋久島ぐらし。~mamae terra 家族4人持続可能な巣作りの記録~

2012年2月から3年のブラジルオーガニック家族旅&エコビレッジ生活を終え帰国。 新メンバーSoraを迎え家族4人屋久島ぐらしをスタートしました!

プロフィール

Onuki Family

Author:Onuki Family
日系ブラジル人の夫、娘2人と私。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

屋久島ぐらし。 (3)
家族のこと (5)
畑のこと (3)
マタニティライフ (8)
出産 (6)
子どもとの日々 (17)
お出かけ (4)
つれづれ (13)
未分類 (9)
ブラジル食 (15)
ブラジル旅 (45)
ブラジルライフ (18)
日系のこと。 (2)
ブラジル移住計画 (10)
ブラジル子育て (9)
葉山ライフ (14)

検索フォーム

RSSリンクの表示

お気に入りブログ

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。