topimage

2017-07

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あるがままを受け入れあうということ。 - 2014.06.12 Thu

IPECでの生活を通して学ぶことはほんとうにたくさんある。
その中のひとつで特に私にとってある意味とてもカルチャーショックだったこと。

それは誰もが“あるがまま”を受け入れあっているということ。

年齢も、見た目も、生き方も関係ない、
それぞれが尊重し合っているから、
みんながリラックスして個々のタレント(才能)を発揮してる。

年上だからって物知り顔したりふんぞり返ったりしないし、
年下だからってへこへこしない、
対等に話す、対等に作業する。

いくつだって自分を解放して踊る。

タトゥーにドレッドヘアーだって(更にその人がいくつでも)それによってマイナス評価されるなんてことは絶対ない。

30代で旅生活していても、
50代で自分探しをしていても、
それがひとつの生き方として尊重される。

個々を尊敬し合う、それって当たり前に大切なことだけど、
そういうことがとても自然に目の前繰り広げられていることに衝撃を受けた、
そして衝撃を受けた自分にまた衝撃、
なぜって。

思えば私が育った日本では受け入れられることよりもまず要求されることの方が多い、
子どもらしく、
学生らしく、
社会人らしく、
母親らしく、
はては老人らしく、

あるがままの私よりも先に“○○らしく”生きていることを常に要求されているんだ、
らしくを演じることに慣れて、がんじがらめになって本当の自分さえ分からなくなっていく。

かくゆう私も以前同居していた姉に「もっと母親らしくしなよ。」というメッセージを送り続けて彼女を苦しめたことを今スーパー反省。
何度でも言うよ、ごめんよお姉ちゃん。

ブラジルってこうなんだね、って言ったら、
地域や人種によっても違うからブラジルがそうだとも言えないな~、
とホベルタ。
間違えなくブラジルの方が日本よりも受け入れ合う器は大きいと思うけれど、
これはIPECという空間が生み出す素敵なマジックなのかもしれない。

あるがままを、
更にいえばお互いの違いを受け入れ合う、
きっとそれが幸せに生きるための大きな鍵。

blog.jpg
写真:コース中受講生のひとりがひらいたビオダンス。
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://hayamabrazil.blog.fc2.com/tb.php/168-81ea6881
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コミュニティっていい! «  | BLOG TOP |  » 日本人ボランティア受付中!

屋久島ぐらし。~mamae terra 家族4人持続可能な巣作りの記録~

2012年2月から3年のブラジルオーガニック家族旅&エコビレッジ生活を終え帰国。 新メンバーSoraを迎え家族4人屋久島ぐらしをスタートしました!

プロフィール

Onuki Family

Author:Onuki Family
日系ブラジル人の夫、娘2人と私。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

屋久島ぐらし。 (3)
家族のこと (5)
畑のこと (3)
マタニティライフ (8)
出産 (6)
子どもとの日々 (17)
お出かけ (4)
つれづれ (13)
未分類 (9)
ブラジル食 (15)
ブラジル旅 (45)
ブラジルライフ (18)
日系のこと。 (2)
ブラジル移住計画 (10)
ブラジル子育て (9)
葉山ライフ (14)

検索フォーム

RSSリンクの表示

お気に入りブログ

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。