topimage

2017-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エコビラの水。 - 2014.07.21 Mon

ここでの生活は町(ブラジル、日本とも)とは大分違う、
ひと言でいえばとってもシンプルなんだ。
そして全てが繋がっている。
私が感じてることも含めて少しずつ紹介していきたい、
きっとおもしろいから。

まずは生きる上で最重要事項とも言える水について。
特にここIPECがあるピリノッポリスはブラジルのサバンナ(セラード)と呼ばれる地域、
年の半分は毎日のようにどしゃぶりの雨が降り、
半分は一滴も降らない乾期になる、
IPECは公共の水に一切頼っていないのでこの乾期の時の水管理がとても大切。

ここで使っている水は3種類、
飲み水は井戸と雨季の間に貯めた雨水、
それ以外は土地の間を通ってる川の水をタンクに貯めたもの、
それで全てをまかなっているので大きなタンクがエコビラ内にたくさんある。
_7191447.jpg

先日もそのひとつを新しく作った、
ヘホセメント、日本語ではなんて言うのかな、
直訳すると鉄のセメントと呼ばれる技術、
細い鉄の線でかたどった後そこに薄くセメントを塗っていく。
heho2.jpg

heho.jpg

ちなみにこのヘホセメントを使ってタンク以外にも大きなベンチや映画館(建設中)、
サウナなどIPEC内の様々なものが造られてる。

と、
話は水に戻って、乾期に入ると水の使い方に気を付ける、
水が無限にあるものではないと実感するからとても大切にする。

川の上流はエコビラ以外の土地もたくさん通っているので残念ながら飲めないのだけれど、
それでシャワーも食器洗いもするので川を汚さないようにすることがすぐに自分たちに直結する。

町に住んでいた時は水が無くなるなんて考えもしなかったし、
どこから来てどんなものが入っていてどこへ流れていくかなんてことも恥ずかしいけれど正直真剣に考えたことなんてなかった。

ここでは全てが繋がるからいつだって真剣(ほんとにゲンキン)。
食器洗いも、洗濯も、そうじも、シャンプーも、もちろん畑で使うものも、
これ自分たちの口に入ったらやだよね、
ってものは自然に使いたくなくなる。
いや本当は町の生活だって全て繋がっているんだけどそれを実感するのが難しいんだよね。

きっと昔はみんなこんな風にシンプルに生きてたから、
エコなんてわざわざ言わなくても自然に自分たちの土地の水を大切にしてきたんだろうなって思う。

ここに居ると私たちは重要なことを随分人任せにして生きてしまっているんだなってことをつくづく思いしらされまする。

水って本当に大切、
体の約65%が水でできている私たちだからこそ、
良い水を使っていきたいし、
残していきたいよね。

さてここで使った水はどこに流れていくのか、
されはまた次回に。
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://hayamabrazil.blog.fc2.com/tb.php/173-268fc2e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

エコビラの食。 «  | BLOG TOP |  » ブラジルで見たワールドカップ。

屋久島ぐらし。~mamae terra 家族4人持続可能な巣作りの記録~

2012年2月から3年のブラジルオーガニック家族旅&エコビレッジ生活を終え帰国。 新メンバーSoraを迎え家族4人屋久島ぐらしをスタートしました!

プロフィール

Onuki Family

Author:Onuki Family
日系ブラジル人の夫、娘2人と私。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

屋久島ぐらし。 (3)
家族のこと (5)
畑のこと (3)
マタニティライフ (8)
出産 (6)
子どもとの日々 (17)
お出かけ (4)
つれづれ (13)
未分類 (9)
ブラジル食 (15)
ブラジル旅 (45)
ブラジルライフ (18)
日系のこと。 (2)
ブラジル移住計画 (10)
ブラジル子育て (9)
葉山ライフ (14)

検索フォーム

RSSリンクの表示

お気に入りブログ

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。