topimage

2017-11

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エコビラの食。 - 2014.07.28 Mon

エコビラの食

ここの暮らしで一番私たちの食を支えてくれているのはこの畑、
通称“Jardim do sol 太陽の庭”。
何もないところから始めて森へと生まれ変わって行ったIPECで、
唯一広範囲で太陽の恵みを受けている場所。

_7241448.jpg

_6281276.jpg

私の食事作りは我が家のすぐ隣にあるこの畑での収穫から始まる。
採れたての野菜、
バジル、オレガノ、ミント、パセリ、ローズマリー、レモングラス、ピンクペッパーなどの豊富なフレッシュハーブたち。
もちろん全て100%オーガニック、
エネルギーが全然違う。
家族の健康を守る食事を作る者としてこんなに嬉しいことはないって毎日思う。

スーパーみたいにいつでも何でも揃っているわけじゃない、
だから今日は何を食べたいかって考えるより、
まずは食材を見てプラス家族の体調を見てその時のメニューを決める。
そして喜んで欲しいから、
その時期にあるいくつかの野菜を駆使していつも頭はフル回転。

なるべくここで手に入るもので作るから、
何も考えなくても自然と身土不二に健康な食事になる。
一日30品目食べましょうって小学校で教わったことも自然の摂理に合ってませんよ、
ってまやかしに(笑)気づきます。

もともと減っていたけれど、
自給自足に近づいてくると、
お肉もほとんど食べなくなる、月に1回食べるか食べないか。
自分で育てるには食べるまでのプロセスにそれなりのエネルギーが必要なことも、
じゃあ外で買うには安全なものがどれだけ手に入りにくいものなのかも分かるから。
少なくとも毎日食べることが自然なことではないんだな~って。

ちなみにIPEC内にはいくつも小さな畑が点々とある。
けれど乾期の一滴も雨の降らない6カ月間は水やりにはそれなりにエネルギーが必要、
なのでここでは今の乾期の時期、
ビラの近くの大きな畑で補うのが持続可能な方法かと思う。

それと魚の池から水を循環させ野菜の根を通って水をきれいにし、
池に戻すというプロジェクトもやっている。
乾期にも水をあげる必要が無く野菜と魚も食べられるというもの、
安全な魚の餌を十分に持続的に用意できるか、という面で課題あり。
ここはエコビラでありながら学校であり研究所でもあるのでそんなこともしています。
agua1.jpg


エコビラの食、
健康で安全であることもさることながら、
自分たちの手で育てた3度の食事を家族でいつも囲めること、
そしてエコビラの住人やボランティアのみんなと持ち寄りパーティーをしたり、
ここで恒例のピザパーティーをしたり、
わいわいと楽しく嬉しく食を通して繋がれること、
それが何よりの醍醐味で幸福。

やっぱり今日も感謝
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://hayamabrazil.blog.fc2.com/tb.php/174-258a1888
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

エコビラのトイレ コンポストトイレ編。 «  | BLOG TOP |  » エコビラの水。

屋久島ぐらし。~mamae terra 家族4人持続可能な巣作りの記録~

2012年2月から3年のブラジルオーガニック家族旅&エコビレッジ生活を終え帰国。 新メンバーSoraを迎え家族4人屋久島ぐらしをスタートしました!

プロフィール

Onuki Family

Author:Onuki Family
日系ブラジル人の夫、娘2人と私。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

屋久島ぐらし。 (3)
家族のこと (5)
畑のこと (3)
マタニティライフ (8)
出産 (6)
子どもとの日々 (17)
お出かけ (4)
つれづれ (13)
未分類 (9)
ブラジル食 (15)
ブラジル旅 (45)
ブラジルライフ (18)
日系のこと。 (2)
ブラジル移住計画 (10)
ブラジル子育て (9)
葉山ライフ (14)

検索フォーム

RSSリンクの表示

お気に入りブログ

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。