topimage

2017-11

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

火のある暮らし。 - 2015.10.23 Fri

ここのところ起きるとまず始めに外に出て、
朝の空気を感じながら、
朝焼けに染まっていく空を見ながら、
裏の林に入って小枝を拾う、

家に常備してある薪をいくつか割って、
使い古しの紙と小枝と薪を重ね、
薪ストーブに火をつける、

ちゃんと薪に火がつくまで、
ただ座って、
じっと炎を見つめる、

他には何もせず、
ただじっと、

ついついせわしなく動いてしまう一日の中で、
私にとって大切なお気に入りの時間。


ガスもまだ契約しているけれど、
薪料理の頻度が多くなってきて、
ゆるりとエネルギーを移行中。

今はこんな感じだけど、
屋久島ぐらしをする前はほとんど自分で火をおこすなんてしたことなかった。

そうよ、ほんの4か月前までの私。

ブラジルはまだ火のある暮らしが残っていて、
それが身近にあったけれど、
甘ったれの末っ子の私は、
全てElvisにお任せで自分でやろうなんて思ってもいなかった。

ここにきて彼はガイドで山に行くし、
私がやるしかないので飄々とした顔をしながら、
実は内心ドキドキでお風呂焚きからスタートしたんだ。

薪料理もやるよ!
って最初から意気込んでいたけどElvisに止められて、
お風呂焚き、
庭での焚火に慣れた頃に、
少しずつ薪料理を始めて今に至る。

彼は本当に私のことよく分かってるよ、
気ばかり先行して最初からお風呂も料理も、
なんてやってたら上手くいかなかっただろうな。

五右衛門風呂、
薪料理、
時々庭で焚火を囲んで食事、

我が家はすっかり火のある暮らしになった、
これが本当にいいんだ。

火を見つめる、
その単純な行為、
私たちに流れている縄文の血がそうさせるのか、
深く深く落ち着いていく、
なんとも言葉で表しにくいけど、
ただただいいんだ。

それが毎日味わえる幸せ。

薪が目の前で減っていくのが見えるから、
エネルギーが無限じゃないことも実感できる。

もちろんガス代も節約できるから、
生活のためのお金稼ぎからまたひとつ遠ざかることができる。

火のある暮らし、
おススメです。



スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://hayamabrazil.blog.fc2.com/tb.php/184-0b4480a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ぐんぐん成長中! «  | BLOG TOP |  » Elvis、風まかせの旅に出る。

屋久島ぐらし。~mamae terra 家族4人持続可能な巣作りの記録~

2012年2月から3年のブラジルオーガニック家族旅&エコビレッジ生活を終え帰国。 新メンバーSoraを迎え家族4人屋久島ぐらしをスタートしました!

プロフィール

Onuki Family

Author:Onuki Family
日系ブラジル人の夫、娘2人と私。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

屋久島ぐらし。 (3)
家族のこと (5)
畑のこと (3)
マタニティライフ (8)
出産 (6)
子どもとの日々 (17)
お出かけ (4)
つれづれ (13)
未分類 (9)
ブラジル食 (15)
ブラジル旅 (45)
ブラジルライフ (18)
日系のこと。 (2)
ブラジル移住計画 (10)
ブラジル子育て (9)
葉山ライフ (14)

検索フォーム

RSSリンクの表示

お気に入りブログ

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。