topimage

2017-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帝王切開での出産を終えて(長文)。 - 2011.09.07 Wed

手術をしてから退院までの10日間は、
精神的に辛い日々だった。

助産院や本で勉強した、
“出産時の素晴らしい経験”とは全て真逆の事をしなくてはならなかった。

自然分娩をすると愛情ホルモンが湧き出るというけれど、
帝王切開をした自分はそれよりも愛情不足になってしまわうのでは不安になったりした。

結局理由はわからなく、
たまたまだったのかもしれないというあいまいな見解も手伝って、
納得もできていなかった。

私はもう自然分娩できない身体になった。

病室でふとした瞬間に涙が溢れて止まらなくなる。
自分でもコントロールできないどうしようもない感情が押し寄せる。

「無事に産まれてきてくれたんだからそれで充分」

頭ではそう理解できても心がついていかない。

入院時は母子別室。
突然離れ離れになって寂しい思いをしてないか、
泣いてもすぐに抱っこしてあげられない、
チー坊ごめんね。
せめて一緒にいられたら。
毎日そう思っていた。

病院のスタッフさんたちは皆いい方ばかりだった、
でも病院の方針には違和感と疑問だらけ、
いつもの私なら納得するまで追求したいけれど、
助産院に迷惑がかかっては申し訳ないと考え直した。

ある日真っ赤な目をひとりの看護師さんに見られてしまった。

「どうしたの?私でよかったら話して。」

誰かに話したら心を立て直すキッカケになるかもしれない、
兎に角自分の気持ちを納得させ前に向きたかった私は気持ちを話した。

「ママが悪いわけじゃない、もちろん赤ちゃんが悪いわけでもない、
ママの心がまだ出産できていないのかもね。」

とても印象的な言葉。
私の心はまだ出産をしていない
まさに自分の気持ちを表現した言葉だった。
謎がとけたように、心が少し軽くなった。

私が帝王切開になったと知り、
「Ruの気持ち分かるよ、私も...」と話をしてくれた幾人かの友人、
実は私の周りにも出産の状況によって心を痛めた女性たちが居たことを知った。

自分が経験して初めて知る事の出来る人の痛み、
私たちはこの宙に浮かんで掴めないような気持ちを乗り越えることで、
母になるのかもしれない。

******************

退院して2日。
念願の24時間Uiと一緒。

彼女と一緒にいると宙ぶらりんだった置いてけぼりの気持ちが、
少しずつほぐれていく。

10カ月一心同体だった大切な時間を思い出した。
10カ月チー坊と自分の身体と向き合った貴重な時間を思い出した。

出産はゴールだと思ってここまできたけど、
もうお腹に宿した瞬間からUiは私の中で誕生していたように思う。

今こうして、すやすや横で寝ているかわいい寝顔を見ていると、
6分でも7分でも苦しい思いをさせていたと思うと、
手術で出してもらえて良かったと思えてくる。
彼女の成長と共に、少しずつ乗り越えていける。

辛かったけど、それでもこれもいい経験だったと思う。

出産という女性にとっての大きな出来事、
幸せになったり、感動したり、傷ついたり、辛い思いをしたり、
その人にしか分からないいろいろな思いがあるのだと、
今の私は知る事ができる。

なんだかちょっと重い内容になってしまったかな。

自分と同じ思いをした人と共有できれば、
そんな気持ちで綴ってみました。

それにしても、
我が子はやっぱり天使です^^
blog3.jpg



スポンサーサイト

● COMMENT ●

初めて海外出産を経験して、言葉も分からず、看護婦さんが何を言いたいのか、自分の希望が言葉が通じないため言えないもどかしさ。。。。

病院でも一人。親も居ないし友達も居ない。旦那さんは仕事。。孤独でしかなかった!
でも出産とこの苦しいAWAYの環境で母は強しとなったかなって思う!

産後はよく私も勝手に涙がでた。。出たところでここは外国。。誰にも話せない。。

でも子供は本当に天使!
前を向く勇気が出た!自分でやらないと誰も助けてくれないこと、日本みたいに良いサービスなど存在しないこと。
だから今の私がある。。

私は帝王切開ではないけれど、一人目は危なかった。。私も子供も。。

だからこそたくさん愛し、これからの人生楽しんでこう!!
母は強だ~

ありがとう。

Juriも頑張ったんだね。
不安で、大変だったね。
本当によく頑張ったね!
Juriの下に生まれたベビ達は幸せだ^^

私もいつまでもくよくよしてられないわ!
子供を守る為に強くならなくては。
元気出てきた!(単純、笑)

子供と一緒にいると、自分がもやもやと考えていたことが浄化されていく。
本当に天使だね。ママを救ってくれてる。

寂しい思いをさせて分、これからはい~っぱい愛情注ぐのだ☆

うん、そして人生楽しんでいくぞ~^^/♪

ありがとう。




帝王切開で何が悪いの????

だから、言ったじゃん。出産は出産。母子ともに健康で、他に何を言うことがある。
日本は、迷信だらけだ。
私、次女は、帝王切開の上、まったく母乳がでなかったし、すぐ仕事に復帰したけど、
愛情にまったく問題なし。(帝王切開でも母子同室だったけど。)
かわいいのよう。
そんなことでへこたれてる暇ないの。やることいっぱいあるでしょ。

Re: 帝王切開で何が悪いの????

きょうこちゃん流の励ましだね。
ありがとうよ^^

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://hayamabrazil.blog.fc2.com/tb.php/33-72483d44
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

視線の先に... «  | BLOG TOP |  » まさかの緊急帝王切開(長文)。

屋久島ぐらし。~mamae terra 家族4人持続可能な巣作りの記録~

2012年2月から3年のブラジルオーガニック家族旅&エコビレッジ生活を終え帰国。 新メンバーSoraを迎え家族4人屋久島ぐらしをスタートしました!

プロフィール

Onuki Family

Author:Onuki Family
日系ブラジル人の夫、娘2人と私。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

屋久島ぐらし。 (3)
家族のこと (5)
畑のこと (3)
マタニティライフ (8)
出産 (6)
子どもとの日々 (17)
お出かけ (4)
つれづれ (13)
未分類 (9)
ブラジル食 (15)
ブラジル旅 (45)
ブラジルライフ (18)
日系のこと。 (2)
ブラジル移住計画 (10)
ブラジル子育て (9)
葉山ライフ (14)

検索フォーム

RSSリンクの表示

お気に入りブログ

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。