topimage

2017-06

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恋しいもの。 - 2012.09.14 Fri

今ブラジルは“春”らしい。
らしいというのは、もうここロンドリーナでは日中の気温が30度を超しているので私には春という実感がない。

今夜は少し風が吹いて夜風が気持ちよかった。
裏庭に続くドアを開けたら心地よい風がすーっと通り過ぎて、
幼少時代夏の終わりの涼しい夜に家の庭で家族と花火をした情景がふっと心に浮かんできて、
胸が少しきゅんとなった。

先日日本人の友人宅に遊びに行った時、
「近所のブラジル人に何が一番恋しいか、と聞かれて日本の四季だって答えた。」
という話が出て至極納得。

そういえば昔常夏の国フィリピンに1年住んだ時も、
ものすごく四季が恋しかった。
苦し紛れに市場で買ったスイカと、お土産のそうめんを食べて夏を感じてすごく心が喜んだのを今でも覚えてる。
もう体にしっかり染みついていまっているのだなぁ。

春は桜、ひなまつり、卒業式、入学式、別れと出会いの季節、
夏はお祭り、お盆、海、スイカ、枝豆、ビール、ステテコ姿の祖父と父、
秋は紅葉、さんま、まつたけ、心地よい風、うろこ雲、運動会
冬は雪、こたつ、みかん、鍋、年の瀬、お正月

季節と思い出が一緒になって私の体に染み込んでいる。

そして今日のように風と一緒に浮かんでくる季節の思い出はいつも幼少時代の、
特に家族との情景ばかり。
それはいつも心地よいものだから、幸せな子供時代を過ごさせてもらったのだと思う。

ブラジルに来て恋しいもの、
日本の四季、
旬の食べ物、
友達とのおしゃべり、

日本の家族。

風のしわざ。
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://hayamabrazil.blog.fc2.com/tb.php/88-30f6ddd5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

親子WWOOF(ウーフ) "POUSADA MARABU"① «  | BLOG TOP |  » お肉を食べるということ。

屋久島ぐらし。~mamae terra 家族4人持続可能な巣作りの記録~

2012年2月から3年のブラジルオーガニック家族旅&エコビレッジ生活を終え帰国。 新メンバーSoraを迎え家族4人屋久島ぐらしをスタートしました!

プロフィール

Onuki Family

Author:Onuki Family
日系ブラジル人の夫、娘2人と私。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

屋久島ぐらし。 (3)
家族のこと (5)
畑のこと (3)
マタニティライフ (8)
出産 (6)
子どもとの日々 (17)
お出かけ (4)
つれづれ (13)
未分類 (9)
ブラジル食 (15)
ブラジル旅 (45)
ブラジルライフ (18)
日系のこと。 (2)
ブラジル移住計画 (10)
ブラジル子育て (9)
葉山ライフ (14)

検索フォーム

RSSリンクの表示

お気に入りブログ

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。