topimage

2017-04

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

火のある暮らし。 - 2015.10.23 Fri

ここのところ起きるとまず始めに外に出て、
朝の空気を感じながら、
朝焼けに染まっていく空を見ながら、
裏の林に入って小枝を拾う、

家に常備してある薪をいくつか割って、
使い古しの紙と小枝と薪を重ね、
薪ストーブに火をつける、

ちゃんと薪に火がつくまで、
ただ座って、
じっと炎を見つめる、

他には何もせず、
ただじっと、

ついついせわしなく動いてしまう一日の中で、
私にとって大切なお気に入りの時間。


ガスもまだ契約しているけれど、
薪料理の頻度が多くなってきて、
ゆるりとエネルギーを移行中。

今はこんな感じだけど、
屋久島ぐらしをする前はほとんど自分で火をおこすなんてしたことなかった。

そうよ、ほんの4か月前までの私。

ブラジルはまだ火のある暮らしが残っていて、
それが身近にあったけれど、
甘ったれの末っ子の私は、
全てElvisにお任せで自分でやろうなんて思ってもいなかった。

ここにきて彼はガイドで山に行くし、
私がやるしかないので飄々とした顔をしながら、
実は内心ドキドキでお風呂焚きからスタートしたんだ。

薪料理もやるよ!
って最初から意気込んでいたけどElvisに止められて、
お風呂焚き、
庭での焚火に慣れた頃に、
少しずつ薪料理を始めて今に至る。

彼は本当に私のことよく分かってるよ、
気ばかり先行して最初からお風呂も料理も、
なんてやってたら上手くいかなかっただろうな。

五右衛門風呂、
薪料理、
時々庭で焚火を囲んで食事、

我が家はすっかり火のある暮らしになった、
これが本当にいいんだ。

火を見つめる、
その単純な行為、
私たちに流れている縄文の血がそうさせるのか、
深く深く落ち着いていく、
なんとも言葉で表しにくいけど、
ただただいいんだ。

それが毎日味わえる幸せ。

薪が目の前で減っていくのが見えるから、
エネルギーが無限じゃないことも実感できる。

もちろんガス代も節約できるから、
生活のためのお金稼ぎからまたひとつ遠ざかることができる。

火のある暮らし、
おススメです。



Elvis、風まかせの旅に出る。 - 2015.10.18 Sun

数日前Elvisが沖縄へ旅立っていった。
12074862_972283606161143_2212829735367034704_n.jpg
(貨物フェリーはいびすかすに乗船の図)

旅のキーワードは、
キャッサバ、パーマカルチャー、エコビレッジ、出会い、そして遊び!

どれも屋久島ぐらしに繋がるためのこと。

なのだけど、
突然沖縄に行くと言い出したのは旅立つ一週間前。

そう、彼はいつも唐突。

私はどこかへ出るなら完ぺき段取りタイプ。
限られた時間とお金を最大限に生かしたくて、
行く場所、会う人、食べるところ、泊まるところ、
調べて調べて無駄なくスケジューリングするのが好き。

彼は朝起きて「今日は○○へ行こう!ねっ楽しそうでしょ!」
私は「えっじゃあどこでお昼食べるの?変なもの食べたくないし、お弁当作るからちょっと待ってよ。」
とかあたふた。
「そんなのいいよ、その時決めれば、ね!早く行こうよ!」って。

だから今回も「えっあっそうなの?いいんじゃない。」と言いつつ、
顔はムス。
段取りな私がむくむく。
一か月遅らせればチケット代だって安くなるし、
いつどこに行って、誰に会って、
どこに泊まって、
いろいろ無駄なく調べられるでしょ~。

でもね、
私常日頃言ってるの、
「心がわくわくすることしていこうね、そう生きればきっと間違いないから。」
って。

沖縄に行くと決めた時、
彼は最高にわくわくしてた、
一か月後じゃなくて、
一週間後に行くことに、
それが彼のタイミング。

そうそう、
彼は私じゃない、
夫婦だからって同じじゃない。

小さなお金の計算や、
細かい段取りよりも、
(一寸の無駄なく、という私の思い通りに事が運ぶことよりも)
彼自身のわくわくの方がずっと大事。

只今屋久島を出て2日目。
「ヤバいことになってるよ。」
ってElvisからの電話。

シンクロの連続で、
いい風が吹きまくってるようです。

そうか~、
やっぱりこのタイミングだったんだね、
よかった、よかった。

明日は沖縄で合流した屋久島の友達カップルと神の島、
久高島にシャーマンのおばあに会いに行くらしい。

魂のわくわくに従って、
思いっきり旅を続けてね~!

娘たちと3人、Sweet homeで待ってるよ。


沖縄で彼に関わって下さる全ての人に感謝。





こんな簡単だったんだ!初めての酵母づくり。 - 2015.10.14 Wed

昨日仕込んだパンを朝、
薪ストーブ+無水鍋でオーブン。
12107194_969976309725206_5680031568444431793_n.jpg

美味しく出来上がったよ~。
12074851_969976249725212_1313672905266907496_n.jpg

実は私、酵母から自分で作るのは初めて、
いや~これが簡単でびっくり!

ブラジルではシダおばさんからのじゃがいも酵母を継ぎ足しで使っていて、
日本に帰ってからは天然酵母のドライイーストを使っていた。

いつかは自分で酵母を、、、
と思っていたけれど本を読むと、
まずはレーズン酵母を作り、次に中種を、
とか、
温度を28度に24時間保って、
なんていうのを見ると元来めんどくさがり屋の私はやる気がなかなか起きず。

それが先日お隣のあゆみちゃん図書でデコさんのレシピ本を見て、
レーズン酵母を見たらすごく簡単!
これならすぐに私にもできるわ~♪
と早速作ってみたの。

煮沸処理した瓶に、
1/2カップのオーガニックノンオイルコーティングレーズンと、
3/4カップの水を入れてシャカシャカ、
2~3日時々ぷしゅっ蓋をあけてあげて、
4日目頃シャワーっと酵母が元気になったらパン作り。

たったこれだけ!
これだけで美味しい自家製天然酵母パンが作れちゃうんだ、
感動だよ。
こうなるといろいろ試してみたくなる。
ワクドキ。

ドライイーストのあっという間にできてしまう手軽さもいいけど、
天然酵母のひと晩置く、
って作業が好き。

あせらず、
ゆっくりと、
自然には時間が必要なんだよ、

初めてブラジルで天然酵母パン作りをした時、
そう教えられたような気がしたんだ。

自家製酵母づくり、
屋久島ぐらしでの楽しみがまたひとつ増えたよ。












手づくり市出店。 - 2015.10.13 Tue

昨日は“やくしま手づくり市”にフリマ出店。
12074765_969480299774807_1365472501549236685_n.jpg
海の見える最高のロケーション、
気持ちよかった~。

Uiのキャンドルも旅立っていったよ。
自分の手で創りだしたものが、
「ありがとう」と誰かの手に渡っていく喜びを、
味わったね。

やくしまのマーケットかなりふわ~とほわ~っとしてて、
よかった。

次はブラジル料理で出店したいな。

フリマの後片付けをしてると、
奈良裕之さん(ガイヤシンフォニー6番出演者)の生演奏が始まった、
パパの手をとり踊りだすUi。

12074484_969483903107780_1899227056256324083_n.jpg

音に身を任せ、
みんなみんな笑顔だった。

10383659_969483759774461_258243158151923067_n.jpg

ほんとはこの後の奈良さんの演奏会までいたかったのだけど、
風邪でダウン、
おとなしく帰宅。

シュワシュワ早くエサくれ~っと言っていたレーズン酵母さんでパンを仕込んで就寝。
12122698_969480253108145_6853267282958265839_n.jpg

晴天のフリマに始まり、
天然酵母の香に包まれて終わる一日。

あ~しあわせ。
ありがとう。







お邪魔します。 - 2015.10.09 Fri

畑のマルチのために裏の林で落ち葉を収穫。
12122574_968010653255105_6806528331856024691_n.jpg

自然の中に入っていくと、
ここは本当にパーフェクトな世界だなって感じる。
そこに存在するもの全てモノが自分の役割をわかってはたらいているって。

畑の土は雨が降らないとあっという間にカラカラに乾いてしまうのに、
幾重にも落ち葉や木が重なって、いろんな虫や微生物がいる森(林)の土は、
湿っていて、ふかふかで、黒々といい色で、とってもよい香りなんだ。

落ち葉を拾っていると出てくる豊かな土、
このパーフェクトな世界に無断で侵入してきた者のような気分になって、
「お邪魔します。」
「ありがとうございます。」
っていう言葉が自然に出てくる。

ほんとうは自分もここの循環の一部になれたらもっともっと幸せになるんだろうな、
なんて。
森に生きて、木の実を食べて、そこでコンポストして。
でも私はいろんな野菜を食べたい現代人なので、
自然の一部をお借りして四苦八苦しながら野菜を育てるんだ。

12072589_968010726588431_3122282425434349717_n.jpg
私が侵入して落ち葉を失敬した林の土、
あまりにステキな土なので「ここで野菜育たないかな?」とElvisに言ったら、
「光が入らないからだめでしょ。」と言われたけれど、
思いついたことやらないと気が済まない私は、
持ってる種をパラパラとばらまいてみた。

忘れた頃にここに合った野菜が顔をだしてくれるんじゃないかと、
密かにワクワクしています。

今日もありがとう。






NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

屋久島ぐらし。~mamae terra 家族4人持続可能な巣作りの記録~

2012年2月から3年のブラジルオーガニック家族旅&エコビレッジ生活を終え帰国。 新メンバーSoraを迎え家族4人屋久島ぐらしをスタートしました!

プロフィール

Onuki Family

Author:Onuki Family
日系ブラジル人の夫、娘2人と私。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

屋久島ぐらし。 (3)
家族のこと (5)
畑のこと (3)
マタニティライフ (8)
出産 (6)
子どもとの日々 (17)
お出かけ (4)
つれづれ (13)
未分類 (9)
ブラジル食 (15)
ブラジル旅 (45)
ブラジルライフ (18)
日系のこと。 (2)
ブラジル移住計画 (10)
ブラジル子育て (9)
葉山ライフ (14)

検索フォーム

RSSリンクの表示

お気に入りブログ

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。